男の人と女の人

相続問題でギクシャクする前に手続きをきちんと踏もう

新しい財産管理の仕組み

女性

弁護士に依頼するメリット

家族信託とは、近年注目されている新しい財産管理の方法です。被相続人が元気なうちに受託者を指定して、財産の管理を任せる仕組みをさします。基本的に受託者は家族であるため、家族信託というネーミングになっています。家族信託のメリットは様々なものがあります。最も大きいのが認知症や病気で判断能力が低下したときに備えられるということです。認知症などで判断能力が低下してしまうと、財産は凍結されるため相続対策が行いにくくなってしまいます。しかし、家族信託ならば、委託者が元気なうちに信託契約を結ぶことで、財産の管理、承継が早期から開始できます。遺言と違い、被相続人である委託者が生きているうちから効果を発声させられるのが大きなメリットです。同様の仕組みとして、成年後見制度や遺言などもありますが、これらの制度は活用するのにその都度同意が必要だったりと財産管理には適さない点が多くありました。そのため、近年は家族信託に注目が集まっています。家族信託は家族内で完結できますが、手続きに不安がある場合は弁護士に依頼するのがおすすめです。まだ弁護士にも浸透しきっていない制度なので、少しでも実績が多い弁護士を選びましょう。弁護士に依頼することで、他の制度との比較や、受託者の選定にまつわる見極め、時期の見極めなどの相談にのってもらえ、適切なアドバイスがもらえます。家族信託ではできないこともあるため、そういった場合の手続きも対応してもらえます。