メンズ

相続問題でギクシャクする前に手続きをきちんと踏もう

一般的な流れと期限

説明

期限内でやるべきこと

遺産を相続する場合、または相続しない場合も含めて、正式な手続きを行わなければいけません。しかも、こういった手続きは期限が設けられています。この期限を過ぎてしまえば相続の効力が失効してしまう可能性もあるため、必ず期限を守って手続きを行わなければいけないのです。遺産を相続する手続きでは、一般的に3か月以内に遺言書の確認や相続の話し合いなどを行います。故人の四十九日を過ぎたころからなるべく動き出すようにし、3か月以内に相続に必要な行動を起こしていきます。そして、4か月以内に準確定申告を行い、10か月以内に遺産分割協議書作成、名義変更手続き、相続税申告と納付の手続きを行います。このような期限を守った流れは弁護士が指導をしてくれるので、困ったときには相談ができます。反対に相続を放棄した場合は、その手続きを3か月以内に行うように期限が定められています。この3か月というのは、故人が亡くなった日、あるいは故人が亡くなったのを知った日から計算されます。そのため、故人と疎遠で亡くなった知らせが遅れたとしても、それを知った日から3か月以内であれば放棄の手続きができます。遺産は相続をすれば負の遺産までもが受け継がれてしまうため、負担が重いようであれば放棄の手続きによって解消されます。放棄ができるという制度を知らない人も多いので、相続については弁護士へ相談するのが一番です。相談することで手続きの知識や代行も利用できたりするため、役立つ存在となってくれます。

新しい財産管理の仕組み

家族信託とは家族を財産管理の受託者として指定する仕組みのことで、近年注目されている新しい仕組みです。認知症などの判断能力の低下する事態に備えることができるので、弁護士に手続きを依頼しましょう。

事務所を探そう

福岡で弁護士を探す時は、信頼できる友人や知人に紹介してもらうのが一番です。自治体であれば通常無料で無料相談を行なっているので、困った時は相談してみると良いでしょう。インターネットで弁護士を探す時は下調べをよく行い、評判の悪い事務所と契約を結ばないよう注意しましょう。

必要そうな書類を持参

町田の無料法律相談でも法律事務所での相談でも、トラブルの内容について時系列にまとめたメモを持参していくといいでしょう。そのようなメモがあれば、弁護士がトラブル内容について理解しやすくなり、現状も把握しやすくなります。